歯の救世主を探そう【歯科治療でイー笑顔】

コーヒーやタバコで黄ばんだ歯を白くする

最大のメリット

インプラントとは具体的にどういうものか

近年では、歯を失った場合の治療方法としてインプラントが注目されています。これは、虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまったところに人工的に歯をつくる治療方法です。人工の歯根を顎の骨に埋めて、その上に人工の歯を被せて治療をします。 そもそも従来では、歯を失った場合、ブリッジや入れ歯での治療が一般的です。しかし、これらの治療方法は口の中に違和感が生じたり、口臭や健康な歯を傷つけてしまうデメリットがあります。ですが、インプラント治療は、固定性であるために口の中で違和感を感じず、従来の自分の歯のように噛むことができます。また、見た目も元のような白い歯に近くなります。ですから、周りの人からは施術を受けたと気づかれる恐れもないです。

施術にかかる時間や副作用はあるのか

ほとんどの方は、「インプラント手術は大変」と考えている方が多いです。顎の骨に人工の歯根を埋めるので、大変な施術といえます。しかし、通常1本のインプラント埋入にかかる時間は15分から20分です。ですから、治療にかかる時間は意外と短いといえます。もちろん口の中の状態や埋入する数によって、手術にかかる時間は異なります。ですが、治療を受けたほとんどの方は、「手術時間が思っていたより短かった」と話す方が多いです。 手術中の痛みについては、麻酔がきいているので痛みはまったくないです。しかし、施術後は麻酔が切れた時に、痛みが生じる可能性が高いです。ですから、施術後は痛み止めを飲むことになります。副作用は少し腫れがありますが、数日のうちに解消されます。