歯の救世主を探そう【歯科治療でイー笑顔】

コーヒーやタバコで黄ばんだ歯を白くする

歴史が深い

歯医者の歴史はどうなっているのか

歯医者はなんと紀元前7000年前に存在していたことが確認されており、 かなり歴史が長いということが伺える。 しかし、貿易が盛んになる前は砂糖が貿易が広まった時よりもずっと 貴重品であった為、当時の人間には虫歯とは無縁だったことがわかる。 そして貿易が広まった西暦1500年頃に砂糖を使ったお菓子がヨーロッ パに広まったころに虫歯になる人が増えた頃に歯医者が生まれたとい う。 そして、1700年辺りにフランスのピエールという歯医者が今に使われて いる近代の歯科医療が使われ始めた。 さらに、1846年にウィリアムという歯医者がさらに近代に近い歯科医療 を開始、その頃には全身麻酔下での手術を成功した。 それらの歴史を経て今の歯科医療ができている。

今後はどうなっていくのか

これからの歯医者は、生活習慣病の原因ある砂糖が使われることに よってますます需要が増えていくのではないかと予測できる。 また、現代の医療技術の発達は目覚ましく、今後も最新技術を使っ た治療や、値段を安く抑える研究、また痛みを伴わない技術を優先 して発達していくこともわかる。 そして、最近は歯の磨き方について講習会を小・中学生に年に一回の ペースでやっていることを考えると、需要拡大がとても目覚ましく 大きくなることはもう目に見えているわけなのである。 いずれはこれ以上は発展できないという時期は来るかもしれないが 最新機器が投入されている以上は当分衰退しない(できない)職種 なので、歯医者がなくなる日は虫歯菌がなくなるまでありえないと 考えてもいいのではないのだろうか。